CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
市川“JAMES”洋二 初のソロアルバム『LIFE』完成に寄せて

 

 

 

 

 

 

 

ソードフィッシュONLINE でベーシスト市川“JAMES”さんの初ソロアルバムを取扱いさせてもらうことになりました。

私が完成に寄せて書いたノートです。

是非読んでみてください。

 

 

 

 

 

 

ベーシスト 市川“JAMES”洋二、初のソロアルバム『LIFE』が完成した。
今作はベースだけでなく、すべて楽曲の作詞・作曲・ヴォーカルを担当し、レコーディングには自身の名を冠したJAMES BANDから、ドラムにTHE STREET SLIDERS時代の盟友・鈴木“ZUZU”将雄、ギターにJIMMY & JAMESとしても活動をともにする五十嵐“JIMMY”正彦、彼のもうひとつのバンド、James Soul Bandからはハモンドオルガンの山嵜吉満が参加。ジャケットのイラストは縁の深い漫画家の上條淳士氏が手がけるなど、初のソロアルバムにして市川“JAMES”洋二のこれまでの活動の集大成的作品となった。

 

 

 

だが、何も最初から万全の体制でスタートしたわけではない。
そもそも、JAMES氏が今回のアルバムに取り組むことになったのは、ZUZU氏が病いに倒れるというシリアスな事件が発端であった。スライダーズ解散から長いブランクを経て、ふたりがJAMES BAND のメンバーとして再び一緒に活動しようとした矢先のことである。
幸い一命を取り留めたZUZU氏は、見舞いに来たJAMES氏に曲をつくってほしいと頼む。それは復帰する日のための再出発の歌であった。

 

 


療養中の相棒を待ちながら、JAMES氏は約束どうりいくつかの楽曲をつくり、やがてそれらをレコーディングしたいと思うようになる。それもデモ音源ではなく、きちんとした設備で完成させた作品として。もちろんドラムはZUZUしかいない。
自分はベーシストだと彼は言う。その彼が自らメイン・ヴォーカルとして立って音源をつくるという決断をするにあたっては、祈りにも似た強い理由があったのだ。

 

 


それから紆余曲折ありつつも、現在のメインベースを手がけたビルダー氏やスタジオのオーナー、前述のエンジニア氏らの厚いバックアップによって、それまでひとり旅としてソロで歌い続けてきた曲と、旧知の漫画家・上條淳士氏の名作『SEX』をモチーフにした最新の楽曲「金網」と共に、フルアルバムとして完成するに至った。そこではもちろん市川“JAMES”洋二のベースと無事回復した鈴木“ZUZU”将雄のドラムが、脈打つ鼓動の如く力強く鳴っている。
私たちがこのアルバムを手にできるのはそんなドラマがあってのことなのである。

 

 

 

結論を言ってしまえば、素晴しい作品だ。長年の相棒・ZUZUとの強靭かつグルーヴィーなリズム・アンサンブルはさすが! のひとことであるし、ギターが歯切れのよいカッティングをはじめとして、楽曲ごとにツボを押さえたフレーズで彩りを添えていれば、小気味よいハモンド・オルガンも全編に渡って大活躍だ。
ともすればその演奏自体が強い印象を残す(とりわけベースラインを柱としたリフレインは中毒性があると言ってもよいくらいの)楽曲と、ハイトーンでやや甘さのある声質とノン・ヴィブラートのストレートなヴォーカルの両方の良さを活かした絶妙なサウンド・クリエイション。参加プレイヤーはもちろん、エンジニア氏の技術と大変な労力にも敬意を表したい。聴けば聴くほどまた聴きたくなる仕上がりである。

 

 

 

筆者がJAMES氏と直接知り合ったのはまだ今年のことだが、もちろんその前から彼のことは知っていた。

THE STREET SLIDERSの「カメレオン」という、彼のベースラインから始まる曲のイントロが、

それまで音楽を聴いていても歌しか聴いていなかった高校当時の私に演奏が生み出すグルーヴというものを初めて意識させてくれた。
その経験がなければ、後に私の人生において音楽が重要な存在になっていなかったかもしれない。
彼のアルバムをこうやって紹介できることは、非常に光栄なことだと思っている。

 

 

 

地元・吉祥寺の馴染みのコーヒー店で、できたばかりのパイロット盤を受け取った際、JAMES氏は終始、笑顔を浮かべていた。

 

 


「バンド時代はかっこつけてたね。もちろんそれが当時の僕らの佇まいだったし、周りもそれを望んでいるというか。それはそれでよかったんだけど、解散してひとりのベースマンになってからも、しばらくそのままで。でも、あるライブで一緒にサポートしてた先輩に促されてベースソロを弾くことになって。ある程度の時間弾いたけど先輩が無言でまだまだって、終らせてくれない(笑) 最後はもうやけくそになってメチャクチャ振り切った感じで弾いてね、アンプのつまみなんかフルテンで(笑) そうしたらすごく盛り上がったのよ。お客さんもメンバーもみんなも喜んでくれてね」

 

 

 

その次の日、彼は髪を切ったそうだ。腰まであった長さをばっさりと。
「気づかされたんだよね。自分をさらけ出すって。届くんだなって」
以来現在まで、JAMESのトレードマークといえばスキンヘッドだ。

 

 

 

「それからは試行錯誤で。ベースを弾きながら歌い始めたり、口べたなりにトークイベントなんかをやったりね。それで今につながっていって。ありがたいね」

 

 

 

打ち合わせが終わって家に帰る電車の中。筆者が以前、それまでやったことがない仕事を初めてやるにあたって戸惑っているとき、まだ出会ったばかりの彼から聞いたアドバイスを思い出した。

 

 


「やってみるって、大事だと思うよ」

 

 

 

孤高のロックンロール・バンドのリズムを支え続けた寡黙なベーシスト。
それも市川“JAMES”洋二のペルソナのひとつだが、思うにもっと色んな表情を見られるこのアルバムこそが、現在の市川“JAMES”洋二自身だ。
だから彼はそう名付けたのだろう。

 

 

 

『LIFE』。これまでの、そして、これからの。

 

 

 

2017年3月10日、下北沢GARDENで行われる市川“JAMES” 洋二58歳バースデイライブ。
このアルバムを聴いて、皆さんもぜひ観に来てほしい。

 

 

 

大塚茂之(BRAVE SONG / カフェソードフィッシュ代表)

 

 

 

 

 

 

ノートは以上です。

長文をお読みいただきありがとうございました。

ひとりでも多くの方にこの作品を手に取っていただくきっかけになればと思います。
 

 

 

 

 

JAMES さんのソロアルバム『LIFE』の販売は12月21日に吉祥寺で行われるレコ発試聴イベントより開始。

以降はJAMESさんのLIVE会場にて直接購入いただけます。

 

 

 

通販は私どもの運営するソードフィッシュONLINEで承ります。

発送は12月24日開始予定。現在ご予約を受付中です。

 

 

ソードフィッシュONLINE 市川“JAMES”洋二 取扱いページ

 

 

 

 

合わせて開設したソードフィッシュの YouTube Channel にて、

アルバムのダイジェストがご試聴いただけます。

こちらも是非!

 

SwordFish YouTubeChannel 市川“JAMES”洋二『LIFE』ダイジェスト

 

 

 

 

 

 

 

市川“JAMES”洋二/ICHIKAWA“JAMES”YOUJI

 

1959年、吉祥寺生まれ。ベーシスト / シンガー・ソング・ライター。
1983年にTHE STREET SLIDERS のベーシストとして デビュー。

2000年に解散するまでの17年間で、アルバム15枚、シングル23枚をリリースし、

武道館9公演を含む679本のライブを行う。
以降、ベーシストとしてバンドへの参加や、ライブサポート、レコーディングなどに携わりながら、

プロデューサーとしてもアーティストの発掘、育成に関わる。
近年は「ひとり旅」と題したベース弾き語りのツアーを行いライフワークとし、

ソウルフルかつロックなベース・プレイと自虐ネタ満載の人間味あふれるトークによって、新たなファンを獲得している。
2016年12月、自身初のソロアルバム『LIFE』をリリース。
2017年3月10日、下北沢GARDENにて“JAMES”58歳バースデイライブを行う。


 

 

 

 

 

2017年3月10日(金)下北沢 GARDEN「ジェームス58歳バースデイライブ」
 

出演
市川“JAMES”洋二(Vo&Ba)
鈴木“ZUZU”将雄(Dr)
五十嵐“JIMMY”正彦(Gt)fromTHE EASY WALKERS
山嵜 吉満 (Hammond))fromJamesSoulBand

 

開場 19:30 開演 20:00
椅子席 前売り ¥4500 / 当日 ¥5000
スタンディング 前売り¥3500 / 当日 ¥4000
当日のみ学割¥2500

 

GARDEN
東京都世田谷区北沢2-4-5 mosia B1F  03−3410−3431
  

 

手売りチケットはジェームスライブ会場にて
プレイガイド(店頭、ぴあ、ローチケ、イープラス)
チケットぴあ Pコード:308-037
ローソン Lコード:72205
イープラス
おひとり様4枚まで

 

 

市川“JAMES”洋二 オフィシャルサイト

 

 

 

| NEWS | 19:19 | - | - | pookmark |
色彩

 

 

 

きれいな緑色が見たくて、ブロッコリーを茹でる。

 

 

 

 

 

 

| ショート・ストーリーズ | 15:30 | - | - | pookmark |
タイトル

 

 

 

“口唇の荒れた女”

 

 

”ネクタイの悪魔”

 

 

”最後の煙草に火をつけて”

 

 

”光の葡萄”

 

 

”砂と蜂蜜”

 

 

”星が出ているとも知らずに”

 

 

”ア・テイスト・オブ・ブラッド”

 

 

 

 

BRAVE SONG として過去に行ったイベントのタイトルです。

 

 

2016年8月21日(日)鎌倉カフェゴーティーで、

ソードフィッシュとして初めてのイベントを行います。

詳細は近日公開。

夏の終わりの一日を、皆さんと楽しく過ごせたらと思っています。

 

 

どんなタイトルになりますかね。

がんばろう。

 

 

 

 

| JOURNAL | 02:02 | - | - | pookmark |
田島昭宇原画展開催記念 カフェソードフィッシュ コラボアイテムについて

 

 

 

多重人格探偵サイコ』完結&画業30周年記念

田島昭宇原画展『HUMAN 1/2 BABY DAYS』

at SPACE CAIMAN

 

 

 

 

 

田島昭宇さんの原画展、いよいよ本日から始まりました、

カフェソードフィッシュでは ZVON COFFEEとDANY McBAIN で、

コラボアイテムをつくらせていただきました。

 

 

田島昭宇×DANY McBAIN

 

 

 

上の画像のT-SHIRTS -MARIA-の他、

もう一型、T-SHIRTS -BEAR HEAD-

刺繍入りニットキャップをつくりました。

 

 

 

ZVON COFFEE ではオリジナルブレンドを描き下ろしのイラスト入りラベルで。

会場限定ラベルが2ヴァージョン、通販限定ラベルが2ヴァージョンの

計4種類です。

 

 

 

上記商品、会場では既に販売中。

うちのONLINE STOREではまだ商品画像などが間に合っておらず、

今週末からオーダー受付開始予定です。

 

 

 

ソードフィッシュONLINE STORE

 

 

 

 

それから今回はまた新しい出会いがありました。

シルバーブランド BIGBLACKMARIA さんとのトリプルネームで、リングとネックレスも作製。

当ONLINE 限定、受注生産商品となります。

 

 

 

これがもう、とてつもなく素晴しい作品になりました!

自分も参加していながら、最終サンプルを手にしたときに感動してしまったくらい。

 

 

 

RING -BEAR HEAD- & RING -BRAIN-

 

デザイン・原案/田島昭宇

企画/DANY McBAIN

作製/BIGBLACKMARIA

 

 

 

写真だけでも伝わるかと思いますが、パーツ構成がとても細かく、

さらにシルバーと真鍮という、収縮率が違う異素材をくみ上げること事態が難しいにも関わらず、

-BEAR HEAD- の方の耳のピアス。これは実際に開けた穴に別パーツのリングを装着しています。3つも。

そして顔のパーツは正面やアゴ部分を含めて、実際に銀線で縫ってあるのです!

 

 

 

右脳、左脳、その大脳、小脳、4パーツをこれまたシルバーと真鍮のコンビで仕上げ、

しわの中にイニシャルを潜ませた -BRAIN- とともに、

実物はこの写真の100倍かっこいいです。

是非、原画展会場でサンプルをご覧ください。

 

 

 

 

まだ世に出たばかりではありますが、感謝の気持ちをここに記します。

 

 

 

原画展や画集の作業でとんでもない忙しさのなか、

世界でオンリーワンの猟奇カワイイデザインを描き下してくれた田島さん。

 

 

 

非常にタイトな作製期間内に、驚くほどハイクオリティな仕上がりにまで持っていってくれた、

BIGBLACKMARIAさんの高い技術と大人の遊び心。

BIGBLACKMARIAはトム・ウェイツの曲名から、ソードフィッシュはアルバム名からつけたという共通性についても。

 

 

 

また、ご自分の打ち合わせの時間が奪われてしまうにも関わらず、

田島さんとのやり取りを朝昼晩にわたってサポートしていただいたワニマガジン社のFさんの忍耐力。

作品を絶賛いただいた同社社長のYさん、そして社員の皆さん。

 

 

 

アクセサリーは当オンライン限定商品であるにも関わらず、

サンプル展示をさせていただいている原画展会場、SPACE CIMAN の皆さん。

 

 

 

 

さらに、コラボレーション全体のことについて。

 

 

 

そもそも田島さんにお引き合せいただいた浅田弘幸さんの叱咤激励に。

 

 

 

体調を崩しながらも、予定アイテムを初日に間に合わせた、

ともにダニーをやっているビトウくんの情熱に。

 

 

 

グラフィックやデータでのやり取りをサポートしてくれた、

Judy On The Roof.のデザイナーTさんの、夕凪のような心に。

 

 

 

ZVON COFFE の後見人Y氏の、田島さんへのリスペクトと、いたらない私に対する寛容さに。

 

 

 

今回、ともにコラボ作品を並べさせてもらうことになった、

RUDE GALLERY の 心やさしき友人、Sくんとの再会に。

 

 

 

そして今回の企画でお世話になった皆さん、これから作品をご覧いただくすべての方に。

 


 

心より御礼申し上げます。

 

 

 

BRAVE SONG / カフェソードフィッシュ 大塚

 

 

 

 

 

| NEWS | 15:40 | - | - | pookmark |
ZVON COFFEE

 

 

 

 

ZVON COFFEE

 

世界で約5%しか流通していない最高品質のスペシャルティコーヒー。

ご注文ごとに最適の焙煎を施してお届けしています。

 

 

実はすごいのです。ジヴォン。

 

 

Who is drinking ZVON?

 

 

 

 

| JOURNAL | 12:35 | - | - | pookmark |
| 1/158PAGES | >>