CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
記憶の森 市川孝典 個展『grace note』

 

 


かつて市川孝典は語った。

 

 

「僕が作品で描くのは、なんでもない日常のいち場面です。14〜15歳の頃、友達と連れ立って行った森。そこに何があったわけでもない。でも、特別ではないその日常こそを今でも鮮明に覚えている。僕にとって大切な記憶なんです」

 

 

 

 

 

 


前もって知らされていなければ、この写実的な絵画が一切の下書きなし、資料となる写真もなし、脳裏の記憶だけを頼りに描かれたものであると、いったい誰が思うだろう。複雑に入り組んだ樹木の枝、覆い被さった葉と蔦、石階段の細やかな肌の凹凸。だが驚くべきはその緻密さだけではない。描くのに用いられた画材、それは鉛筆やペンなどではなく、線香、なのである。

 


指の先に灯したほんのわずかな炎で丹念に和紙を焼いていく。サイズや燃焼の仕方によって様々な種類の線香を使い分け、焦げ痕の濃淡、焼け落ちた穴の形状を組み合わせ、陰影を作り出す。炙る、焼く、焦がす、穴を空ける。それは紙というのは物質の変化であり、元には戻らない。けして小さくはない大きさのひと作品をつくりあげるまで、一点たりとも失敗は許されない。

 


間近で観ると、その痕のひとつひとつの造形自体が美しい。ミクロの視点の圧倒的な積み重ね。完成した作品を画面から距離を置いた視点から観ると、作業を施さなかった無地のスペースが光となり、像を結ぶ。デモーニッシュな魅力を封じ込めた一枚の絵画がそこにある。

 

 

 

 



3年ぶりに行われている今回の個展、伺ってみると以前にはなかった新しい試みがあった。
前述のように大変な労力を持って作り上げた作品が大胆にカットしてあったのだ。
大作として個展の目玉にもなったであろう一枚の大きな森は切り裂かれ、そのいくつかのパーツ群が五つのフレームに分割して収められている。

 

 

 

 

 

 

かつて自らの大切なものと語った「日常」を切り離した空間には、よりくっきりとした光と闇が生まれていた。

それは欠如か、忘却か。

これらの作品で彼は何を投げかけているのか。

 

 

閉廊間際に駆け込んだ会場で、ひとり静寂の森に引き込まれたようだった。

個展タイトルは『grace note』。

ざわめきが聴こえた。かすかにだが、しかし重要な何か。

 

 

もう一度、あの森に足を運ぶことになるだろう。

 

 

 

 

 

 

市川 孝典 個展『grace note』

 

期間:2017年1月13日(金)〜2017年2月3日(金)

場所:ES gallery 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-7-4 elephant STUDIO 2F

Tel 080-4717-0611

http://esgallery.tokyo/

 

www.ichikawakosuke.com

 

 

 

 

 

 

| 徘徊 | 02:46 | - | - | pookmark |
生と死を見つめる獣






その獣は己を破滅に至らしめる角を持っていた。
彼はそいつにもう一対、天を突かんばかりに芽吹く牙を与えた。


常に目前にある死と生。
忘れて踊る私たちにも、突きつけられている真実。


 

大森暁生展  Jamais vu – 未視感 – にて



彫刻家・大森暁生 オフィシャルWEB SITE


 


 
| 徘徊 | 04:32 | - | - | pookmark |
ダニー・マクベイン



SIZE 4



SIZE 2





 
| 徘徊 | 22:01 | - | - | pookmark |
大江健人 LIVE AT CHAD





































大江健人 LIVE AT CHAD(東京・池尻大橋)





東京ツアーの今後のスケジュール


2月10日(火)
東京調布市 livebardingdong
〒182-0002 東京都調布市仙川町 1-3-27, 仙川第一ビルB1F
03-5879-7897
19:00 Open  19:30 Start
入場無料 投げ銭制(要ワンドリンク)


2月12日(木)
東京国立 地球屋
〒186-0012 東京都国立市東1-16-13 B1
042-572-5851
open/start 19:00/20:00
charge 1000yen+1drink
大江健人 ブラインドミウラストレンジャー  (夜のストレンジャーズ) 中川樹海


2月13日(金)
東京羽村市 Pur Pose
東京都羽村市小作台2-6-3 FTビルIII 2階
090-2668-0542
20:00 start ¥1,000(別途ドリンクオーダー) 2部構成




2月の後半は地元・北海道を廻り、3月は東北ツアーを予定しています。
お近くの方は是非、彼のライブを観に来てください。




大江健人の流浪通信

ソードフィッシュ ONLINE 大江健人








大江さん、ありがとね。


 
| 徘徊 | 04:25 | - | - | pookmark |
創造者たち







漫画家・浅田弘幸 × 彫刻家・大森暁生






何かが始まりそうな、冬のある1日。


 
| 徘徊 | 05:15 | - | - | pookmark |
5.9.2014

























ジョン・ディーが代わりに歌うこの曲に、胸が熱くなりました。


多くの人がTシャツを着てくれていました。うれしかったです。


終わった後のさみしさを含め、最高の祭りだったと思います。
ご来場、本当にありがとうございました。


 
| 徘徊 | 03:35 | - | - | pookmark |
DAYS 386
















DAYS 386
神奈川県三浦郡葉山町堀内377
TEL 046-876-5750 火曜休


道向かいの小道をちょっと歩くと、そこは海。
憧れの立地条件ですよ。いいなあ。
この日はあいにくの雨模様でしたが、それはそれで趣がありました。


ご協力、どうもありがとうございました。
また行きまーす。


 
| 徘徊 | 17:06 | - | - | pookmark |
ANOTHER SEA





| 徘徊 | 01:39 | - | - | pookmark |
海の夕べ












海はいいなあ。
| 徘徊 | 00:26 | - | - | pookmark |
ある遺品



| 徘徊 | 02:24 | - | - | pookmark |
| 1/14PAGES | >>