CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
<< ジズス(1) | main | OLD JOE & CO. (改訂版) >>
ジズス(2)

 


幼い頃、私は常に4歳上の兄、ヴィゴと一緒だった。
 

 


ヴィゴは私のことをジズーと呼んだ。それは私が赤ん坊だった頃から、彼だけが使っていた呼び名だった。

 



私の持ち物は、着るものであれ、おもちゃであれ、すべて兄がくれたお古だった。

 



私の湾曲した腕を隠すために、彼は自分の長袖のシャツを着せ、袖の長さを、拳が隠れるくらいに調節しながら言った。
 

 


「いいかい、ジズー。この袖をまくってはいけないよ。天使様が自分の羽だと思って、お前の腕を持って行っちゃうといけないから」
 

 


彼はやさしく微笑んでいたが、私はその本当の意味をすでに学んでいた。兄にとっても大切なはずの少年期は、弟の私を嘲笑や迫害から守ることに費やされていた。

 



以来、夏のどんなに暑い日も、私は長袖のシャツで過ごした。無用な暴力を避けるために。
 

 


人々の、私に対する暴力。そして、それを防ごうとして増殖する、ヴィゴの過剰な暴力。


 

 

 

ジズス(3)

 

 

 

 

 

 

| ショート・ストーリーズ | 00:05 | - | - | pookmark |