CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
<< ジズス(4) | main | ジズス(6) >>
ジズス(5)

 


私がヘレナとの距離に身を焦がしている頃、兄のヴィゴは闇の世界で生きていた。



学校を早くに辞め、母の制止を振り切って家を出たヴィゴは、生きるために法に触れる仕事に手を染めた。
若いながら彼は、彼の躊躇のない暴力に引き寄せられる不良たちをまとめあげ、街の顔役のひとりになった。



たまに会うヴィゴの目は、澱をたたえて赤く濁り、その視点は常に定まることがなく、彼の日常が緊張の連続であることを伺わせた。
それでもヴィゴは、私に優しかった。真新しいシャツや箱入りの鉛筆を買い与えてくれ、母が払えなくなった学費を、いつのまにか彼が払ってくれていた。



ヴィゴの強烈な野心が既存の組織と拮抗するまでになると、私たち母子は父の援助を必要としなくなった。



椅子に後ろ手に縛られた父は、裸の全身を虫に覆われた姿で見つかった。耳も鼻も舌もなく、陰部は何本にも裂かれ、太腿から下の肉はウロコ状に削ぎ落とされ、むき出しのひざの皿とすねの骨がぶらさがっていた。



誰の仕業かを察し、母は心を失った。そして、一本のロープにくくって、自らの灯火を消した。
母の体を一緒に梁から下ろすとき、兄の目に涙はなかった。

「ジズー。何かを得ようとすると、何かを失ってしまう。どうしてなんだろうな」



ひとりになった私は命じられるまま、兄の仕事を手伝うことになった。
家を引き払い、5ブロックほど先の通りにあるヴィゴの屋敷の一室に移り住んだ。
通学鞄の底には違法な商品が隠され、簿記の習得に使っていたノートには、これから失われる命のリストが書き記された。
私は何も考えず、ヴィゴの言うとおりにしていればよかった。



半年ほど経って、胸のうずきを感じ、ヘレナの様子を見にいった。
見慣れた扉に、借り主募集の貼り紙があった。
ガラス越しに見た店の中はがらんどうになっていた。



ああ、愛しいヘレナ。
次に彼女に会ったのは、薄暗いヴィゴの寝室であった。





ジズス(6)



 

 

| ショート・ストーリーズ | 19:56 | - | - | pookmark |