CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
<< ジズス 目次 | main | 浴槽 >>
ジズス(7)

 

 

生い茂る若葉は、差し込む日の光を透かして輝いていた。

その枝と枝の間に張られた小さなクモの巣に、丸い水滴が転がっている。

美しい夏の午後。

 

 

 

幼い私たちは、自分の身の丈ほどの生い茂った草木をかき分けて歩いている。

私は彼女の手をとって歩く。息が荒い。

赤いリボンを結んだ麦わら帽子と、白い麻のワンピース。

ハンカチで汗を拭いてやり、大丈夫かいと問う。

彼女は声も無く、ただ頷く。

 

 

 

短い夏を楽しむために、ヘレナと計画していた森へのピクニック。

反対していた大人を説得してくれたのは、引率をかってでた兄だった。

今なら親たちの心配がわかった。この遠い道のり、ふたりだけだったらどうなっていただろう。

 

 

 

先に進んでいた兄が立ち止まっていて、手招きをするのが見えた。

やっとのことで追いつき、ふたりで兄の腕の下をくぐる。

 

 

 

そこに湖があった。空の色を映し、見事なまでに青い水面が、風を受けてきらめいていた。

驚きの声をあげた、ヘレナの表情もまた。

 

 

 

ヘレナの父親が持たせてくれた干葡萄パン。兄がナイフで切り分けたハム。

瓶詰めのピクルスと、みんなで摘んだクロスグリの実。

湖畔でとった昼食はそれまでの人生で、いや、私の人生において最高の食事だった。

 

 

 

釣り針を用意している兄の傍らで、お腹いっぱいの私たちは横になる。

木陰に吹く風が心地いい。

ヘレナの寝息。

魚がはねる音。

このままここで暮らしたいな、と、まぶたを閉じながら私は思う。

 

 

 

 

 

 

 

彼女はステージの上にいた。

 

 

 

派手な化粧を施され、髪を巻いている。

 

 

 

丈の短い天鵞絨のローブ。

素足に、かかとの高い靴。

 

 

 

照明があたる。

 

 

 

そばにいた男がローブをはぎ取る。

 

 

 

何もまとっていない肌が、大勢の男たちに晒される。

 

 

 

髪を掴まれ、彼女は顔をあげさせられる。

 

 

 

下卑た口笛が飛ぶ。

 

 

 

腕をとられ、その場で後ろをむかされる。

 

 

 

待ち望む視線。

 

 

 

開かれる脚。

 

 

 

 

 

 

耐えられない。とても耐えられなかった。

 

 

 

大柄な男たちに取り押さえられ、這いつくばった床に歯を立てながら、

私は落札を告げるハンマーの音を聴いた。

 

 

 

 

 

ジズス 目次

 

 


 

| ショート・ストーリーズ | 19:42 | - | - | pookmark |