CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
トリクシー・ウィートリー



 Trixie Whitley w/ Brian Blade and Daniel Lanois

 “ i'd rather go blind ”




来日中です! 迷っている人! 行きましょう!


9/11 名古屋クワトロ

9/12 渋谷 O-nest


 ツアー詳細は こちら



 “ Fourth Corner ”


| MY FAVORITE MUSIC | 15:13 | - | - | pookmark |
トリクシー・ウィートリー、ソロアルバムの日本盤リリース(改訂版)




 Trixie Whitley

 “Fourth Corner”


ダニエル・ラノワとのユニット BLACK DUB を経て、トリクシー・ウィートリーが今年2月に発表した待望のソロアルバム「フォース・コーナー」。
いよいよ4月24日(13日ではありませんでした。訂正させていただきます)には、P-VINE レコードから日本盤がリリースされます。

めでたい! あるか、来日公演!?


 “Need Your Love”





http://www.trixiewhitley.com/

http://www.youtube.com/TRIXIEWHITLEYCHANNEL


| MY FAVORITE MUSIC | 12:03 | - | - | pookmark |
リッチモンド・フォンテーン

MFMメール♯10をお受け取りの皆様へ。


Richmond Fontaine のアルバム『The Fitzgerald』日本盤は、
鎌倉カフェ・ゴーティーさんで通販可能です。たぶん。


 Cafe Goatee


(ゴーティーでは、以前、お知らせした、ザ・ミルク・カートン・キッズのCDも取扱っています。アルバム自体はオフィシャルサイトで無料ダウンロードできますが、CDを彼らのマネージメントから取り寄せて発売中です。来日公演の実現にむけて、応援よろしく!)




さて、このJOURNALをご覧の皆様へも、たまにはお知らせしておこうかな。


上記の作品は、正直、とても地味な印象なのですが、なかなか深い味わいの好盤です。
レイモンド・カーヴァーの小説なんかがお好きな方は、すごく気に入ってくれるのではないでしょうか。
是非、日本盤を手に取って、中川五郎さんによる訳詞を見ながら聴いてみてくださいね。






 ……こっそり貼っとくか。


 えい。




| MY FAVORITE MUSIC | 13:49 | - | - | pookmark |
彼岸

 GREAT3 オフィシャル Music Video

 “彼岸” 


胸にせまる名曲です。

9年ぶりのニューアルバム 「GREAT3」 2012年11月21日発売。

www.great3.com


| MY FAVORITE MUSIC | 15:40 | - | - | pookmark |
トリシュナ

 PLAGUES

 “トリシュナ”


 プレイグス、11年ぶりの完全新作『CLOUD CUTTER』 からのMUSIC VIDEO。


 試聴可能な特設サイトは こちら


| MY FAVORITE MUSIC | 15:01 | - | - | pookmark |
ウィリー・ネルソン
 
 Willie Nelson

 “Rainbow Connection”



こんな何でもない午後のひとときが、
世界中、すべての人たちに訪れますよう。


もちろん、あなたにも。


| MY FAVORITE MUSIC | 14:00 | - | - | pookmark |
ザ・ミルク・カートン・キッズ




ずいぶん前にここで紹介したアメリカのシンガーソングライター、ケネス・パッテンゲイルくん。その彼と、同じレーベルに所属するシンガー、ジョーイ・ライアンが結成したデュオ「ザ・ミルク・カートン・キッズ」が、どうやらアメリカ本国で盛り上がりをみせつつあるようです。



 The Milk Carton Kids

 "Michigan"

 "I Still Want a Little More"  




Kenneth Pattengale


Joey Ryan(さわやかイケメン。最近はメガネ男子)



ケネスくん、デュオでは相棒にメイン・ヴォーカルを担わせ、自らは主にギタリストとしての腕を存分に発揮しているよう。にしても、重ねるコーラスがまた絶品ですが。



彼らの1st アルバムは、CDやレコードとして発売されている一方、オフィシャルのWeb Site で全曲無料ダウンロードできるようになっています。以前リリースされたらしい二人の連名のライブ・アルバムも、同様に無料でダウンロードが可能です。どちらも素晴しい内容ですので、是非入手して聴いてみてください。


 こちらから



THE MILK CARTON KIDS  『PROLOGUE』





今のうちに、生で観たいなあ。




(おまけ)

 グレーの服って、素敵だよね。



| MY FAVORITE MUSIC | 00:18 | - | - | pookmark |
未来へ

 山下達郎

 “蒼氓”



| MY FAVORITE MUSIC | 12:55 | - | - | pookmark |
ミルトン・ナシメント




 Clube Da Esquina『Clube Da Esquina』(1972)

 “Tudo Que Você Podia Ser”

 “Um Gosto De Sol”



ブラジルの国民的シンガー Milton Nascimento が、参加していた音楽コミュニティ、クルビ・デ・エスキーナ 名義でリリースしたアルバムです。


全編を彩る美しいメロディ。伸びやかで透き通ったヴォイス。ミュージシャン仲間との半年間に渡る共同生活の中で生み出されたこの作品は、サンバ、ボサノヴァといった本国で生まれた音楽と、クラシック、ジャズ、ロック、ソウル等の、北米・欧州の音楽を融合させたブラジリアン・ポピュラー・ミュージックの傑作のひとつとして、今なお多くの音楽ファンに愛されています。


もともとマイルス・デイヴィスやジョン・コルトレーン、セロニアス・モンクらのジャズに大きな影響を受けていたミルトンですが、この後、マイルス・クインテットのメンバーであったウェイン・ショーターやハービー・ハンコックとの競演によって、その名を世界に知らしめることになるのです。




| MY FAVORITE MUSIC | 04:30 | - | - | pookmark |
ジェイムス・テイラー



 James Taylor

 “Nobody But You”



メロウなギターソロがたまらんのです。


| MY FAVORITE MUSIC | 13:46 | - | - | pookmark |
<< | 2/16PAGES | >>